女性に便秘が多いのはなぜ

 
何日でない、というより「すっきりしない感じ」=「便秘」。女性のほうが男性よりもなりやすいといわれますが、その原因は?

便秘で肌が荒れたりイライラしたりするのはなぜ?

おなかが張っている感じがするのは、便が長い間腸にとどまってしまうことで、腸内の悪玉菌が増殖してガスが発生するから、また、肌荒れや頭痛がおこる原因として、「有害物質がたまって体をめぐるから」という説明がよくありますが、医学的にはまだはっきりしていないというのがホントのところ。
でも、実際に便秘に伴って肌荒れ・にきびなどのお肌の悩みがでてきたり、腰痛・肩こりに悩まされたり、イライラしたりしますよね。その原因として、実は、便秘に伴って、自律神経の働きが乱れることが一因と考えられています。たとえば肌荒れは、自律神経の乱れからくる、皮膚の血行不良が一因ともいわれています。

便秘の原因と考えられる症例


月経前は便秘になりやすい
女性は、排卵後から月経前までは、その時期多く分泌される黄体ホルモンの影響で腸の蠕動運動が弱くなります。つまり、その時期はどうしても便秘になりやすくなってしまいます。 また、黄体ホルモンは同時に体に水を溜め込む性質があるので、体全体が非常にむくみやすくなり、ますます身体が重いと感じてしまうようです。「生理前はどうも体が重い…」というお悩みはこういった理由から生じます。

胃下垂、筋力低下、運動不足は便秘の原因に
一般的に女性のほうが筋力が弱いため、胃下垂や内臓下垂がおこりやすいようです。
下垂した臓器に腸が圧迫されると便秘になりやすいですし、筋力が弱いこと自体が腸の運動が鈍くなる原因になると思われます。
また、便を押し出す腹筋が弱ければ便をだしにくく、ますます便秘がちに。さらにそういった方は同時に痔にもなりやすくなります。
運動不足だと腸が刺激されないのでこれもまた便秘の原因になります。

便は7〜8割が水分なので食事や水分の量も大事
日本人の便は大体7〜8割が水分です。残りの1〜2割くらいが腸内細菌の死骸、食べ物の残りかすが1割強、残りは脂肪やその他のものという構成になっています。
ダイエットすると、そもそも便のかさが減って便秘になりやすくなります。水分が不足すると、便が硬くなって便が移動しずらくなりますし、あまりに脂肪分を控え過ぎると、便のすべりが悪くなるということも起こり得ます。

偏った食生活、ストレス、過労、食物繊維の少ない食事、不規則な生活でも便秘は悪化しがちになります。

便秘にならない正しい生活習慣



  1. 腹筋をきたえて便をでやすくする

  2. 朝食をとる、もしくは冷たい水などでもいいので、朝、腸を刺激する

  3. 食事内容に気をつける
  4. ダイエットのし過ぎは禁物。食物繊維など便のかさを増やす食品や、ヨーグルトなどの腸を整える食品、水分は積極的にとりましょう。脂肪分を減らしすぎると便秘になりやすくなるので注意しましょう。

  5. 冷えに注意
  6. 冷えると痔の症状も便秘も悪化することが多いので、冷やさないように注意しましょう。

  7. 運動やストレッチで血流改善!
  8. 肛門に負担がかかるサイクリングや乗馬のやりすぎ、スクワットの体勢はNG

便秘解消

便秘の原因と症状が判ったところで
二つのタイプの違う便秘解消方法を紹介します。

便秘解消
体質改善をして自然治癒力を高め、酵素=エンザイム効果を高めて便秘解消 「3日でお腹スッキリ!辰巳式便秘解消ダイエット」

便秘解消
整体師として21年間活動の経験と実績・理論に基づいた便秘撃退法 
「川俣式整体 一日5分で出来る!体の中から綺麗にする便秘解消整体法」


二つのタイプの違う便秘解消方法の詳細は次のページ




 

 

 

外反母趾を手術や補助装具に頼らない改善プログラム  骨盤歪み改善で健康・骨盤美人

 

「ケロリン」銭湯・温泉で一度は見たことがある湯桶を販売している湯桶会社が破産。銭湯の減少、地域の温泉施設の不振も重なり最盛期の三分の一に売り上げが減少して経営破たんしたことが18日わかった。銭湯世代にとっては馴染みがあって残念がっている人も多いのではないでしょうか。